口唇ヘルペスを子供に移さない方法

わたしは小さいころから、風邪を引いたあとや、調子が悪いと唇の横にヘルペスができていました。

いつもヘルペスができる時は唇のあたりがそわそわする感じで、「あ、できるな」という感覚がわかります。

口唇ヘルペスが出来てしまったら、見た目がわるいので学校にいってクラスメイトに冷やかされるんではないかと思い行きたくなかったのを覚えています。

口唇ヘルペスは1週間くらいで治るのですが、かさぶたになってもなんだかむず痒く、かさぶたを取ってしまうので綺麗に治るのには結構な日数がかかりました。

大人になってからも、時々、口唇ヘルペスができていて、化粧でごまかしたりもしましたが口唇ヘルペスができると暗い気持ちで過ごしていました。

学校で働いていた時には、生徒からヘルペスは性病の一種だからやばいと心無い一言を言われて落ち込んだりすることもありました。

もちろん、同じウイルスという事も知っていましたが、こんな事言われるとは本当にショックでしたし、もしかして周りにいる人も私の顔を見てそういう風に思ったりしているんではないかとまで感じるようになったのです。

それからというもの、唇に違和感を感じた時は、ドラックストアで薬剤師さんに相談して購入した塗り薬を塗るようにして、なるべく未然に防ぐ事と症状を小さく抑えるようにしました。

大人になって、ヘルペスは人からうつる物という事をしりました。

思い返すと、父も飲みすぎたり疲れている時にヘルペスになっていました。

きっと、ヘルぺスになっていた時に、私にうつったのだと思います。

姉も唇にヘルペスが出来ていたし、大人になってから目にもヘルペスの症状がでたらしいです。

妹と母にはそのような症状はでなかったので感染しなかったのですね。

私は子どもをうんでから、ヘルペスができるとマスクをするようにして、子どもに触れる時は手洗いをしっかりするようになりました。

子どもがヘルペスに感染して私と同じような気持ちになるのは本当にかわいそうなので、感染させないようにこれからも気を付けていきたいと思います。

(群馬県 ゆぴゆぴさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ